Service GO-NET MV/ID決済支援サービス

Service GO-NET MV/ID決済支援サービス

デジタルID連携と圧倒的なキャパシティ性能で
デジタルエコノミーをサポートする革新的なサービス

コンテンツ配信事業者 / IoT事業者 / 加盟店 / クレジットカード事業者

Market trend 市場動向

デジタルエコノミーの急速な進化と拡大

5Gの普及等で、従来スポット的に存在したネットネイティブなサービスが生活のあらゆるシーンに拡大すると、本当の意味でのデジタルエコノミーが誕生します。デジタルIDにより、消費者の趣味嗜好・生活全般がリアルタイムに把握され、サービスの提供内容や提供方法などが細かくパーソナライズあるいは最適化される経済社会が到来すると考えられます。サービスセグメントの細分化が進み、事業者のビジネス機会は拡大し、消費者もより豊かな顧客体験を得られるようになると期待されます。

例えば、オンラインでのライブ配信では、「プレミアムアングル視聴」「お試し短時間視聴」「お気に入りのアーティストへのデジタル・ギフティング」「AR技術を活用したライブ中のオンライングッズ購入」など、新たな顧客体験が提供され、個々の顧客の視聴形態・行動内容に応じた課金が行われることが一般的になるかもしれません。また、IoTの分野では、デバイス起点による人が介在しない決済処理が日常的に行われるようになることなどが予想されます。

このような産業のデジタル化に伴い、ヒト/モノ/カネの全てがID(識別子、アイデンティティ)を持ち、各々のデジタルIDが緻密に連携・制御されたデジタルエコノミーが形成されようとしています。

また、デジタル化社会の中では今まで以上にデータトランザクション量が増え、ピーク性のある大量取引や少額オンライン決済をサポートするセキュアなインフラで、ユーザーのストレスフリーな購買体験を確保することが求められていくと考えられます。

市場動向
市場動向

Solution 「GO-NET MV/ID決済支援サービス」の
製品コンセプト

大量取引をGO-NETがリアルタイム処理し、新しいビジネス創造をサポート

デジタルID等と連動した決済Walletが、ピーク性のある大量取引を、迅速かつ安価に処理することを可能にします。
また、加盟店とGO-NET間の連携にはクレジットカード情報の代わりにGO-NETが払出すWallet IDを使用し、クレジットカード情報漏洩対策に配慮したセキュアなサービス利用環境を提供します。
Wallet IDと紐づくクレジットカード情報は、GO-NETのセキュアな環境で管理されるため、加盟店側でのPCI DSS対応は不要です。

「GO-NET MV/ID決済支援サービス」の製品コンセプト

Merit 導入メリット

ストレスフリーな決済環境の確保
  • 「秒間10万件」という圧倒的な処理性能により、ピーク性の高い決済シーンにおいても確実なリアルタイム処理を実現します。
Wallet IDによる
セキュアな決済
  • 本サービスでは、クレジットカード情報をGO-NETが直接取得・保管し、代わりにWallet IDを加盟店へ払出します。加盟店は、決済処理時にWallet IDで決済データをGO-NETへ送信することで、情報漏えいリスクが軽減され、安全に決済処理を行うことができます。
新たなUX・サービスの創造
  • 決済インフラのキャパシティによる制約が大幅に改善され、新たなUX・サービスの創造が可能となります。

Contact お問い合わせ

商品問い合わせ・サービス導入や仕様に関しては下記よりお問い合わせください。
お客さまに最適なサービスをご提案いたします。

受付時間 : 9時~17時(弊社の休日を除く)。休日・祝日以外に年末年始の休業期間がございます。

ページトップへ戻る