Global Open Network Japan

Message

Global Open Network Japanはお客様とともに
デジタルトランスフォーメーションによる
新しい未来を切り開いてまいります。

2019年8月1日より代表取締役CEOに就任した徳永信二です。

GO-NET Japanは2019年4月に設立された新しい会社ですが、事業構想は4年前に遡ります。
当時、私はアカマイ・テクノロジーズ日本法人の社長として、プロジェクトの立ち上げから参画しており、キャッシュレス化とIoT社会の到来を見据えた、大量処理と低コスト構造を兼ね備えた、先進的かつ革新的なネットワーク社会を実現したい、そんな夢から始まりました。

今回、新会社のCEOという大役を担うことになり、非常に身の引き締まる思いであります。
同時に、夢がアイデアとなり、そしてカタチあるものに出来たこと、そしてそれを自分の手で世の中に提供できることに運命を感じています。
今後のダイナミックな環境変化に対しても、柔軟かつスピーディに対応し、ペイメント業界にイノベーションをもたらしたいと考えています。

GO-NET Japanの社名に込められた想いは、グローバルかつオープンなプラットフォームとして、幅広い事業者の皆さまに活用して頂ける革新的なネットワークを実現することです。

現在、決済手段の多様化によりキャッシュレス決済件数は増加傾向が続いています。
今後、デジタライゼーションの広がりや次世代モバイル通信「5G」の商用化等とともに、あらゆるモノがインターネットと繋がるIoT社会の本格的な到来により、「使っただけ課金」等の新しい決済シーンの増加も予想されます。
加えて、日本国内では政府が推し進めるキャッシュレス社会の進展に伴い、決済件数のさらなる増加が見込まれて、現状の決済インフラの処理能力が限界に達することも想定されます。

GO-NET Japanが提供するペイメントネットワーク「GO-NET」は、Akamaiと共同で開発した新型ブロックチェーン技術を採用しており、高水準のセキュリティ対策に加え、既存の技術では対応が難しい取引の大容量化を実現しました。
GO-NET Japanのネットワークは毎秒100万件超の処理能力が展望でき、IoT時代に見込まれる大量かつ少額の決済にも十分に対応できると考えています。

今後、クレジットカード・電子マネー・デジタル通貨・ポイント・プリペイドカードなど幅広く決済領域において「GO-NET」を提供していく予定です。さらには、IoT時代での多様なシーンの実現に向け、サービスのさらなる拡充を検討しています。
日本から世界のペイメントネットワーク業界の革新を目指し、GO-NET Japanはお客様とともにデジタルトランスフォーメーションによる新しい未来を切り開いてまいります。

今後とも、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役CEOShinji Tokunaga